こやま園の丹波なた豆茶について

 

 

こやま園の丹波なた豆茶へのこだわり

 大切な人に飲んでほしい、、、、そんな思いで作っています

 

100%丹波なた豆のみを使用

兵庫県丹波市にて栽培される有機なた豆のみ使用。丹波なた豆茶の元祖開発元 ・農家で煎じて飲まれていたお茶を独自のノウハウで製品化しました。オリジナルの種子を使用し、自社の農園と契約農家だけで栽培 。自社工場での一貫生産です。

有機JAS認証取得(農産物・加工食品)

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができる商品に認定された商品です。

ほんのり甘くやさしい味で飲みやすい

ノンカフェインで安心。30 代~ 50 代の女性を中心に老若男女問わず幅広い層から支持されています。                                      

大学機関と 丹波なた豆の共同研究

野口孝則氏(福岡女子大学人間環境学部准教授)と共同で、高血圧ラットを使った丹波なた豆による生活習慣病予防効果の検証、お客様のアンケート(810人分)の分析を行い、日本栄養改善学界学術総会にて発表しました。
(協力:神戸学院大学栄養学部、福岡女子大学人間環境学部)

こやま園のなた豆は兵庫県安心ブランドの商品

化学肥料・農薬の使用を5割以上減らし、残留薬品・抗生薬品を国の基準の1/10以下とするなど安全性が高く、出荷記録による管理を徹底した安心感のある食品に認定されています。

嬉しいお便りも現在3000 通以上。

大手通販ショップの健康茶部門のランキングにおいて、上位を 6 年間キープ、5点中4点以上の高評価が1500レビュー以上 ほんのり甘みを感じるやさしい味と好評で、北海道から沖縄、 海外まで全国で愛飲者が増えています。

豆どころ丹波産

自然広がる丹波地方は、昼夜の気温の差が大きく、霧深いところです。谷間に広がる盆地が雲海の中に埋もれてしまう事も。

この丹波特有の深い霧が、有名な丹波黒大豆をはじめ、丹波なた豆も同様に良質な豆を生み出します。